国際水泳場.com
【Sponsored Links】

相模原市総合水泳場の立地と特徴

「相模原市総合水泳場」は、神奈川県相模原市中央区に位置し、総合運動公園でもある横山公園の敷地内という立地です。
広大な公園の中には野球場や陸上競技場、テニスコートなど主要な野外運動施設が集約されています。
その公園の中の一角に屋内運動施設として「相模原市総合水泳場」が設立されています。
樹木や草花など自然に囲まれた公園の周辺は幼稚園や小・中・高校、病院、商業施設など生活文化圏になっていて、新興住宅地が広がっています。
「相模原市総合水泳場」の水泳教室にはジュニアクラスや親子教室が多く設けられてるのが特徴的ですが、地域に子供や家族世帯が多いといった立地環境にあるからかもしれません。



去る2007年は、「相模原市総合水泳場」オープン10周年にあたる年だったため、その記念イベントとして、当時アテネ五輪代表だった寺川綾選手をはじめとする4人の日本のトップスイマーを招待し、相模原市の子供たちと競泳戦を行うなどして、そのイベントは大盛況だったようです。
いつの時代もオリンピック効果、メダル効果は絶大です。
このようなビッグイベントは、そうそう行えるものではありませんが、こういった体験が、子供たちの水泳に対するモチベーションアップにつながることは確かでしょう。

「相模原市総合水泳場」のプールは、一般公開日であれば、午前9時から夜は21時30分まで使用できます。
但し最終入場時間は21時までなので注意しましょう。
また、金曜日は25m(サブプール)に限り午前9時から夜10時30分まで使用できます。(入場は22時まで)
使用料は2時間で大人が400円・4歳児以上中学生以下は200円と割安ですが、1時間までごとに追加料金が発生します。
シャワーや着替えの時間を考慮に入れて泳ぎましょう。
なお、65歳以上の方や身体に障害のある方、その介護にあたっている方は、証明できるものを提示すればプール使用料は無料になります。
市設のプールならではの配慮が感じられます。
また、注意事項として、スイミングキャップは必ずかぶらなければなりません。忘れないように携帯しましょう。