国際水泳場.com
【Sponsored Links】

千葉県国際総合水泳場の立地と特徴

「千葉県国際総合水泳場」(1996年オープン)は、千葉県習志野市にある水泳場です。
施設の北方には東関東自動車道と湾岸道路、JRが並列して通っています。
JR京葉線の新習志野駅南口からは徒歩1分、自動車道を利用した場合でも湾岸習志野インターから5分、湾岸千葉インターからも5分という位置にあり、アクセスに便利な立地条件の施設です。
「千葉県国際総合水泳場」から3km未満の近隣には、千葉工業大学や千葉マリンスタジアム、幕張メッセなどの巨大施設もあるので、人の流れや交通量の多い場所に位置しているともいえるでしょう。



「千葉県国際総合水泳場」の特徴は、数多くの水泳競技大会の日程の隙間をスワップするように、施設独自の各種教室や体験スクールも定期的に開催してることです。
年齢や水泳のレベルごとにクラス分けをした水泳教室や、水球・シンクロナイズドスイミング・飛込の一日体験教室なども行われています。
2012年度は、スペシャルイベントとして、アテネオリンピック女子800m自由形金メダリストの柴田亜衣さんをインストラクターに迎えたスイミング教室が開催されています。
5月から翌年3月までの期間毎月1回(全11回)開催される予定になっており、現在も好評開講中です。
100m以上泳げる小学生以上の一般が対象ですが、元オリンピック選手から直にレクチャーが受けられるということで、水泳をこよなく愛するスイマーたちの応募が殺到しているのではないでしょうか?
もし、運良く教室に参加でき、五輪メダリストから泳ぎを教わることができたら、その体験は、特にジュニア世代にとっては最高のイメージトレーニングになるでしょう。

「千葉県国際総合水泳場」は、通常平日であれば午前9時から夜10時まではプールへの入場ができます。
但し、11月13日から翌年3月末までは冬季時間になるので、夜8時30分までには入場しなければなりません。
土曜・日曜・祝日の場合は、開場時間が夜9時までなので、1時間程度軽く流して泳ぎたい方は、遅くとも8時までには入場した方がよいでしょう。
当施設は、2時間単位での使用になっているので、一般のプール使用料金は2時間で500円。中学生以下は200円と、他の水泳場と比較して割安なところも魅力です。
個人で利用する場合は、当然ですがプールは他の利用者との共同使用となるので、利用者の少ない空いた時間帯を見つけて泳ぐようにすれば、50mプールの充分な距離感と泳ぎ切った充実感を、きっと体感することができるでしょう。